ヤマハ(伊藤修二社長)は、本格的ホームシアターに最適な7.1ch対応DSP AVアンプ「DSP-AX4600」を6月下旬に発売する。カラーはゴールド。価格は23万1000円。

 電源強化や高品位パーツの投入によって、アンプ部の基本クオリティがさらに向上。また、HDMIやi.LINKに代表される最新デジタルインターフェイスの高品位オーディオ入力に対応し、さらなる高音質設計とフルデジタル伝送化を実現した。

 さらに、ホームシアター機器のための新たな性能基準「THX Select2」に準拠し、7chパワーアンプを搭載。前方左右2本のプレゼンススピーカーを含むヤマハ独自の「7.1chシネマDSP再生」、後方左右2本のサラウンドバックスピーカーを独立駆動する「ドルビープロロジックIIx」などの、さまざまな7.1chデジタルホームシアター再生に対応する。DVDビデオから、音楽CD、スーパーオーディオCD、DVDオーディオまで、あらゆるAVソースを圧倒的な高音質と臨場感で再現できる。

 このほかの特徴は、(1)CD、スーパーオーディオCD、DVDオーディオを高純度に再生するピュアダイレクトモードを装備、(2)40種類の豊富なサラウンドプログラムを搭載、(3)部屋の音響特性に合った最高の視聴環境が短時間で自動的に得られる「YPAO」を搭載、(4)最高級モデル「DSP-Z9」と共通の「日本語対応アシストGUI」に対応、(5)小音量でも臨場感あふれるシアター再生が楽しめる「ナイトリスニングモード」機能を搭載、(6)手持ちのヘッドホンで5.1chが楽しめる「サイレントシネマ」機能を搭載――など。

 本格的ホームシアターシステムの中核となる高級AVアンプとして、高音質・高性能志向のユーザーを主なターゲットに販売していく考え。当初月産台数は2000台。