ターボリナックス(矢野広一社長)は、教育機関・企業・法人向けに、中古パソコン(リサイクルPC)専用OS「Turbolite 2005」を開発、販売を開始した。

 03年10月に発売した「Turbolinux 10 Desktop」をベースに、比較的古いパソコンでも快適な動作ができるよう軽量化を行い、Webブラウザ、Eメール、Flashコンテンツやストリーミング再生など、デスクトップ用途として必要不可欠な機能を備えた。

 動作環境は、Celeron 700MHz(ノートPCの場合)またはCeleron 500MHz(デスクトップPCの場合)、メモリ64MB、HDD 10GB以上。オフィスソフトなどを使用する場合は、メモリ256MB以上を推奨。

 販売は、リサイクルPCを販売するパートナー企業が行う。主なパートナー企業は、アットマークベンチャー、クリエイティブソリューション、ソルダム、ディックル、マイクロソリューション、ユーリテクノスほか。また、パートナー企業との連携で、OS、周辺機器/きょう体のカスタマイズ、廃棄サービスから資産管理まで対応する、より高品質なサービスを提供する。