オリンパスイメージング(大久保雅治社長)は、8.0メガピクセルCCDと2.5型液晶モニタ、光学3倍ズームレンズ、生活防水機能を搭載したコンパクトデジタルカメラ「μ DIGITAL 800」を6月下旬に発売する。カラーは、シルバーとダークブルー。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。

 8.0メガピクセルCCDを搭載したデジタルカメラで、世界最小・最軽量(05年5月18日現在)を実現し、携帯性と高画質を両立させた。新開発の高屈折率レンズと非球面レンズ、同社独自の画像処理エンジン「TruePic TURBO」を搭載し、高画質撮影が可能。

 また、23万画素/2.5型の高精細・大型の液晶モニタに、光の強い屋外でも画像をくっきりと再現する「ハイパークリスタル液晶」を採用し、通常の半透過型液晶モニタと比べ、約3倍の高コントラスト、上下左右160度の広視野角を実現した。このため、撮影時のファインダとしても、画像の鑑賞用としても快適に使用できる。

 従来機と比べ、約5分の1の明るさにある被写体でも、液晶モニタ上にくっきりと被写体を映し出すことが可能。さらに、強力な内蔵フラッシュと手ブレと被写体ブレを軽減する「Wブレ軽減機能」、暗い場所での撮影を快適に行うことができる「超高感度撮影」機能を搭載する。

 このほかの特徴は、(1)初心者でも多彩な機能を使いこなせる3種類の「ガイド機能」を搭載、(2)「μデジタルシリーズ」定番の「生活防水機能」に「音声機能」を追加、ボディ本体に加えレンズユニットも生活防水に対応、(3)1秒あたり約4枚の高速連写が可能、(4)ノイズレベルを従来のISO400相当に抑えながら、ISO1600の撮影が可能――など。