日本オラクル(新宅正明社長)は5月17日、携帯電話へのオラクルデータベース「Oracle Database Lite 10g for Symbian」の搭載を可能にし、企業向け携帯電話アプリケーションへの対応を拡張すると発表した。

 「Oracle Database Lite 10g」は、携帯情報端末(PDA)やノートパソコンなどに最適化された小型版のOracleデータベースを中心としたモバイルソリューションのための統合ソフトウェア。米オラクルは、携帯電話の基本ソフト「Symbian OS」が世界的に普及する可能性をいち早く捉え、同OSに対応したモバイル専用超軽量データベース管理ソフト「Oracle Database Lite 10g for Symbian」を開発した。

 日本オラクルでは、「Oracle Database Lite 10g for Symbian」の国内市場への投入に先駆けて、企業向け携帯電話アプリケーションの新たな実現方法を提案していく。同社のパートナーが提供する「On Oracle」パッケージアプリケーションの「Symbian OS」および「Oracle Database Lite 10g」への対応支援や既存顧客へのシステム拡張提案、オラクル技術の価値を付加した新規提案活動も推進する。

 現在、「Oracle Database Lite 10g for Symbian」への対応を表明しているパートナーは、ソフトブレーン、テニック、エヌアイデイ・アイエス、エイビスシステムソリューション、システムズナカシマなど。各社のパッケージソフトは、ビジネスプロセスマネジメント/営業支援(SFA)/顧客管理(CRM)/フィールドサービス業務/保守業務(FFA)/ロジスティックス/位置情報システム(LBS)/従業員システムといった各業界や業種・業態に対応している。日本オラクルでは、モバイルを有効に適用できる業種を分析し、これらを総合的に支援していく計画。

 なお、「Oracle Database Lite 10g for Symbian」とパッケージアプリケーションの実証は、オラクルとNTTドコモが共同開発した「Enterprise Mobile Framework(EMF)」のアーキテクチャを拡張し、新たにNTTドコモが開発したビジネスFOMA上で行う。

 今後、直接顧客から要求されるシステム統合への対応を視野に入れ、「Oracle Database Lite 10g」や「Symbian OS」を利用したシステム開発のトレーニングをパートナー各社に提供し、技術支援を行っていく予定。