ボーダフォン(ビル・モロー社長)は5月12日、シャープ、NHKと協力し、地上デジタル放送が受信できる携帯電話の試作機を開発したと発表した。

 試作機は、国内のモバイル機器向け地上デジタル放送の規格に準拠し、H.264/AVCによる映像の受信再生や、デジタル放送の特徴の一つであるBML(Broadcast Markup Language)によるデータ放送の表示にも対応している。また、約2時間のデジタル放送の視聴を実現しており、デジタルテレビを視聴しながらメールやWebを確認できる、画面の「複数分割表示機能」も搭載している。

 ボーダフォンでは、試作機を利用して、放送番組の補完情報や付加情報を通信経由で提供するサービスや、クイズ番組やアンケートへの参加といった通信を利用した放送番組との連動サービスなど、通信と放送の融合によるサービスについて、携帯電話の操作性も含めて検証していく予定。

 さらに、今後、モバイル向けデジタル放送のサービス開始に合わせた対応携帯電話の投入を目指すとともに、より魅力的なサービスの開発を推進していく方針。

 なお、今回の試作機は、6月26日から29日まで開催される「技研公開2005」に出展するほか、愛知県で開催中の「愛・地球博」のグローバルハウスにも、7月1日から9月25日まで出展する予定。