日本ビクターは、録り貯めたVHSテープから簡単にDVDへダビングできるVHS&DVDビデオレコーダー“快録LUPIN”「DR-MV5」を6月上旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は6万円前後の見込み。月産台数は1万台。
 VHSからDVDへ手軽にダビングできる「ワンタッチVHSぴったりダビング」機能を搭載し、VHSとDVDを一台のデッキに収めた2in1 DVDレコーダー。「ワンタッチVHSぴったりダビング」は、専用ボタンを押すだけでVHSテープが早送りされ、必要な録画時間を計測、未録画のDVDディスク1枚にぴったり録画できる画質モードを自動的に選んでダビングする仕組みで、ダビング終了後には、自動的にテープが巻き戻され、電源も切れる。このため、VHS映像資産を簡単・手軽にDVDとして残すことが可能で、DVDからVHSへの双方向ダビング、VHSからDVDへ1番組(1タイトル)のみのダビングも行える。

 DVD部には、DVD-RAM/-RW/-RからDVD+R/+RWの再生まで対応する「DVDスーパーマルチ再生&DVDマルチドライブ」を採用。画質面では、高画質技術を搭載し、長時間モードでの高解像度DVD録画を実現したほか、VHSからDVDへのダビング時にテープ特有のジッター(画面の揺れ)を補正する「TBC」&「フレームシンクロナイザー」機能を搭載し、ダビング映像の高画質化も図った。

 このほか、(1)ディスクに番組の予約情報を保存し、次回からそのディスクをセットするだけで番組予約ができる「ディスク予約」機能、(2)デジタルチューナーなどの予約機能に連動し、外部機器の電源オンで自動的に録画を開始する「着信予約」機能、(3)ディスクを挿入しなくても、タイトルを一覧表示できる「ライブラリーナビ」――などの多彩な機能を搭載する。