ボーダフォン(ビル・モロー社長)とビットワレット(川合成幸社長)は、05年10月をめどに同社発売予定のモバイルFeliCa対応携帯電話において、電子マネー「Edy」のサービスを提供することで合意したと発表した。

 主な合意内容は、(1)ビットワレットは、ボーダフォンが発売予定のモバイルFeliCa対応携帯電話において、電子マネー「Edy」のサービスを提供する、(2)電子マネー「Edy」のサービス提供開始時期は、モバイルFeliCa対応ボーダフォン携帯電話発売と同時とする、(3)ビットワレットは、ボーダフォンの「Vアプリ」に対応した、電子マネー「Edy」のアプリケーションを提供する――など。

 モバイルFeliCa対応ボーダフォン携帯電話で提供する電子マネー「Edy」の具体的なサービス内容などは現在検討中。ただし、FeliCa対応携帯電話ですでに実施されているサービスは基本的に提供する方針。

 ボーダフォンとビットワレットは、今後協力してモバイルFeliCa対応ボーダフォン携帯電話と電子マネー「Edy」の普及、展開を積極的に推進していくなど、相互の協力関係をさらに深めていく考え。