アーク情報システム(藤井悦郎社長)は、Windows完全防御ユーティリティソフト「HD革命/WinProtector Ver.2」(Windows 2000/XP対応)を5月20日に発売する。

 同製品は、前バージョンのモニタリングで指摘された仮題を改善し、利便性を向上させたバージョンアップ版。「No Restart Protection機能」を搭載し、Windowsを使用中の誤操作や新種のウィルスなどによって引き起こる不具合や不調が生じても、パソコンの電源を入れ直す(再起動)だけで瞬時に快適な環境を復旧することができる。また、保護の対象になるドライブの容量が大きいとメモリを大幅に消費せざるを得ないといったテーマもクリアした。

 スタンダードタイプ「HD革命/WinProtector Ver.2 Std」と、パーティションソフト(HD革命/Partition Lite Ver.1)を同梱したプロタイプ「HD革命/WinProtector Ver.2 Pro」を用意している。

 価格は、スタンダードタイプの製品版が1万1340円、アップグレード版が7770円、ウィルスソフト所有ユーザー特別優待版が8190円(2000本限定)。プロタイプの製品版が1万3440円、アップグレード版が9345円、ウィルスソフト所有ユーザー特別優待版が1万290円(2000本限定)。

 なお、5月1日から6月30日までの期間に「Ver.1」を購入したユーザーを対象に、「Ver.2」への無償バージョンアップに対応する。