シャープは、液晶テレビ「AQUOS Aシリーズ」に、業界最高レベルのフルスペックハイビジョンパネル採用の45V型など3機種(「LC-45AE5」「LC-26AD5」「LC-22AD5」)を発売し、女性や若い世代など、液晶テレビユーザー層の拡大を目指すと発表した。

 45V型の「LC-45AE5」は、低反射の高精細フルスペックハイビジョン液晶パネル(水平1920×垂直1080画素)を採用し、デジタルハイビジョン放送の高精細・高画質映像を忠実に再現。さらに「明るさセンサー」を搭載し、周囲の明るさに応じた映像再現力を引き出す。

 「LC-45AE5」と26V型の「LC-26AD5」は、HDMI入力端子を標準装備し、DVDレコーダーなどデジタルAV機器と手軽に接続してデジタルハイビジョン放送を楽める。消費電力は、45V型クラスの薄型テレビで最高水準の315W、バックライトは約6万時間の長寿命を実現した。このほか、リサイクルに適した素材を採用するなど、画質・環境性能・デザインで他の映像システムを超える薄型テレビとして提案していく。

 価格は、ハイビジョン対応の45V型「LC-45AE5」(6月1日発売)が65万1000円。同26V型「LC-26AD5」(6月1日発売)がオープン(実勢価格29万5000円前後)。ハイビジョン非対応の22V型「LC-22AD5」(7月1日)がオープン(同20万円前後)。