ソニーマーケティングは、デジタルカメラ機能を搭載し、音声と写真を1台で同時に記録できる“ビジュアルICレコーダー”「ICD-CX50」を5月21日に発売する。内蔵メモリ容量は256MB。価格はオープンで、市場推定価格は4万2000円前後の見込み。

 ステレオICレコーダー本体に、回転式レンズと有効130万画素のCCDカメラ、開閉可能な1.2型カラー液晶を搭載し、デジタルカメラとしても利用できる新しいタイプのICレコーダー。録音しながら写真撮影したり、撮った写真に後から音声コメントを追加したりできる。

 こうして同時に記録した写真と音声ファイルは、液晶画面の写真で音声ファイルを検索できる「ピクチャーブックマーク」機能によって、わかりやすく管理可能。録音しながら撮影した写真を、そのままファイル上で音声と連携してブックマークとすることで、記録内容の目印となる写真を見ながら、目当ての音声ファイルや聞きたいポイントを簡単に検索できる。

 内蔵する256MBメモリには、音声と写真を同時に記録した場合で、最大約11時間のステレオ録音と約2000枚の写真の同時記録が可能。会議やインタビュー、イベントなどが続いても、パソコンにデータを転送することなく、長時間連続して使用できる。

 このほか、記録した音声・写真をパソコン上で一元管理できる専用ソフトウェア「Visual and Voice Editor」が付属。管理だけではなく、ファイルの分割・結合、ピクチャーブックマークの移動・削除などさまざまな編集機能も搭載し、取材レポートや議事録の作成などが快適に行える。