日本ヒューレット・パッカード(日本HP、樋口泰行社長)は、ワークステーションに匹敵するグラフィックス処理性能を搭載したハイエンドノートPC「HP Compaq nw8240 Notebook PC(nw8240)」3モデルを、4月21日から順次発売する。

 「nw8240」は、15.4インチワイドスクリーン、モバイル インテル 915PM Expressチップセット、グラフィックスに高速描画、省電力に優れたATI Mobility FireGL V5000を搭載し、モバイルワークステーションとしての用途にも適したハイエンドノートPC。

 CADやCG作成などで使用される各アプリケーションの動作検証済みで、より安定した作業環境を保証している。また、万一障害が生じた場合も、日本国内で専門のソフトウェアサポートチームが迅速かつ適切なサポートを提供する。最上位クラスのスペックに加え、強固なセキュリティや管理機能を備えるため、企業向けハイエンドノートPCとしての利用にも適している。

 新製品のうち、ハイパフォーマンスラインの2モデルは、ワークステーションとしても十分なメモリ容量と、ディスプレイの高解像度表示のできるWUXGA(1920×1200)を採用したモデルで、同社販売代理店経由で販売する。また、コストパフォーマンスに優れたエントリーラインの1モデルは、「HP Directplusオンラインストア」、HP Directplusコールセンターで販売する。

 価格は、ハイパフォーマンスモデルが41万7900円(2GBメモリ、WUXGA、DVD±R/RW、802.11a/b/g 無線LAN Bluetooth ver1.2)、31万2900円(1GBメモリ、WUXGA、DVD-ROM、802.11 b/g 無線LAN)。4月21日発売。

 エントリーモデルは26万400円(512GBメモリ、WSXGA+ DVD±R/RW、802.11 b/g 無線LAN)。5月中旬発売。