バッファロー(本社・名古屋市、斉木邦明社長)は、アナログTFT液晶カラーディスプレイのスタンダードモデル15型「FTD-X517A」と17型「FTD-G713A」を4月中旬に発売する。価格はいずれもオープンで、実勢価格は「FTD-X517A」が2万7800円前後、「FTD-G713A」が3万2800円前後の見込み。

 新製品は、省電力機能「ECOモード」を搭載し、ワンボタンで消費電力を40%カットできるのが特徴。応答速度16ms(15型)/12ms(17型)の高性能パネルを採用し、コントラスト比は15型が400:1、17型が500:1、輝度は15型が250cd/m2、17型が300cd/m2、視野角は15型が上下125°左右150°、17型が上下160°左右160°。また、17型はSXGA(1280×1024)の高解像度対応で、より広い作業範囲を提供する。

 さらに、盗難防止用ホール搭載で、機器のロックが可能。3年間保証にも対応している。