ソニーマーケティングは、ポータブルHi-MDドライブ「DS-HMD1」を5月21日に発売する。価格はオープンで、市場推定価格は1万5000円前後。カラーは、シルバー、レッド、ブラック、グリーンの4色。

 多く普及しているMDやHi-MDディスクをメディアとするHi-MDドライブで、インターフェイスにUSBを採用。USBバスパワー対応で、接続したパソコンから電源が供給できる。また、データの記録時に特別なライティングソフトが不要で、どこでも手軽に持ち運んで利用できるのが特徴。

 このほかの特徴として、(1)ドラッグ&ドロップで手軽にデータの記録・保存が可能、(2)音楽管理ソフトウェア「SonicStage Ver3.1」が付属し、音楽データをHi-MDディスクやMDへ簡単に転送できる、(3)転送時の音楽データは、「リニアPCM」「ATRAC3plus」「ATRAC3」「MP3」に対応し、作成した音楽ディスクは、“Hi-MD AUDIO”対応機器、またはMD対応機器で再生が可能(「MP3」ファイルの再生は、対応機種のみ)――など。

 Hi-MDとは現行のミニディスクを汎用記録メディアに進化させた次世代フォーマットで、記録メディアとして現行の録音用ミニディスクがそのまま使用できる。例えば、80分MDをHi-MDフォーマットすると305MBとなるなど、Hi-MDフォーマットを利用すると約2倍の容量となる。

 また、ディスクがカートリッジに入っているため傷にも強く、光の影響を受けにくいなど、信頼性の高い記録メディアで、デジタルスチルカメラで撮った思い出の画像や、パソコンのファイルなど、大切なデータのバックアップに適している。