東芝は、高画質化機能を強化したAVノートPC「Qosmio」シリーズ4モデルを4月22日に発売する。

 新製品4モデルは、最上位モデル「QosmioG20」に搭載している最新の「QosmioEngine」を採用。移動する被写体輪郭部の斜め線のギザつきを補正する「モーションエッジスムージング」機能や受信電波が弱い場合に発生しやすい細かなノイズを低減する「3次元FNR(フレームノイズリダクション)」機能を備え、従来に比べてさらに高画質なTVやDVD映像を実現した。

 また、各モデルともWindowsを起動せずにTVやDVDの視聴やTV番組の録画ができる「QosmioPlayer」の機能を強化し、DVD再生時には従来の倍のデータ(60フレーム/秒)でプログレッシブ変換を行える。動きのあるDVD映像もTV視聴時と同様に滑らかに再現する。あわせて、DVD再生時のサウンド強化として「SRS WOW XT機能」を採用しており、立体音響効果によって臨場感を向上させた。

 17型ワイド液晶を搭載した「Qosmio G10/390LS」は、従来比約1.5倍のクラス最高輝度500cd/m2を実現。また大容量160GBのHDDを搭載することで、最大約137時間の長時間TV録画を可能にした。全モデルに、高速処理や多彩なアプリケーションの同時利用にも対応できる512MBのメインメモリを搭載し性能の向上を図った。

 インターフェイスとしては、SDカード、xD-ピクチャカード、メモリースティック、メモリースティックPRO、マルチメディアカードに対応しているブリッジメディアスロット、D映像出力端子を搭載した。

 価格はすべてオープンプライス。実勢価格は、(1)17型WXGA、160GBの「Qosmio G10/390LS」が27万円前後、(2)15.4型WXGA、100GBの「Qosmio F10/390LS」が24万円前後、(3)15型XGA、100GBの「Qosmio E10/375LS」が21万円前後、(4)15型XGA、100GBの「Qosmio E10/370LS」が19万5000円前後となる見込み。