セイコーエプソン(花岡清二社長)は、2.4型カラー液晶モニタを搭載し、従来モデルより操作性・印刷速度などを強化した写真専用ダイレクトプリンタ「カラリオ ミー E-200」を、エプソン販売(真道昌良社長)を通じ、4月22日に発売する。価格はオープン。

 デジタルカメラやカメラ付き携帯電話で撮影した画像を、パソコンなしで手軽に印刷できるインクジェットプリンタ「カラリオ ミー E-100」の上位機種。リビングに置けるコンパクトでかわいいデザイン、シンプルな操作性、6色顔料「つよインク」による色あせに強い高画質といった基本性能を継承しつつ、新たに2.4型の高精細QVGAカラー液晶モニタを標準搭載し、プリント時の操作性を高めた。

 プリント速度を、従来比約1.5倍の約1分14秒(L判1枚の場合)に向上する一方で、ランニングコストは、インク代・用紙代込みで18.2円と従来並みに抑えた。オプションのバッテリーを搭載すれば、場所を選ばずコードレスで写真をプリントすることも可能。

 このほか、(1)メモリカードを挿入しボタンを押すだけの簡単操作、(2)5つのメモリカードスロット搭載し、14種類のメモリカードからダイレクトプリントが可能、(3)デジタルカメラから直接印刷できる「USB DIRECT-PRINT」や「PictBridge」に対応、(4)外部記憶機器接続用のUSBインターフェイスを標準搭載――などの特徴をもつ。販売目標は、今後1年間で20万台。