キヤノン(御手洗冨士夫社長)は4月11日、4連タンデムでA3対応のカラーレーザープリンタ新製品「Satera(サテラ)LBP5900」(税別39万8000円)と「同LBP5600」(同24万8000円)を5月中旬から発売すると発表した。<br />


 キヤノン(御手洗冨士夫社長)は4月11日、4連タンデムでA3対応のカラーレーザープリンタ新製品「Satera(サテラ)LBP5900」(税別39万8000円)と「同LBP5600」(同24万8000円)を5月中旬から発売すると発表した。

 上位機の「LBP5900」は、カラー/モノクロとも毎分30枚とシリーズ最速の出力スピードを実現。また、エンジンの紙搬送経路を短縮したウルトラショートパス機構の採用で、ファーストプリントがカラーで9秒、モノクロで7.5秒という業界最速となっている。下位機の「LBP5600」は、カラー/モノクロ毎分22枚の高速出力で、きょう体がA3対応で業界最小のコンパクトサイズを実現した。同社は、「サテラ」を主軸として、「LBP5900」が月販2000台、「LBP5600」が同4000台の計6000台による年間7万2000台の販売を、2006年までにカラーレーザープリンタ市場でシェア第1位を目指す。

 新製品は、新開発の4連タンデムを搭載し、最大で1200dpi×1200dpiの高画質で、きょう体がA3対応モデルながら本体幅545mm×奥行き607mm×高さ380mm(LBP5600は奥行き588mm)と省スペースを両立。オフィスのわずかなスペースやデスクトップにも置けるサイズで、「確実にオフィスのカラー化への動きが始まった。『サテラ』がさらにその波を呼び寄せる」(キヤノン販売・村瀬治男社長)と、オフィスのモノクロ機からカラー機への乗り換えを狙っていく。

 一方、同社はプリンタ用の機能拡張システム「MEAP-Lite(ミープ・ライト)」も同時に投入する(LBP5600は非対応)。「ミープ・ライト」は、オプションのインテリジェントコントローラ「NB-J1」を装着することで、プリンタに実装できる。

 Java言語で開発したソフトウェアをプリンタ内で実行させるシステムで、ユーザーニーズに合わせさまざまなアプリケーションソフトを短期間・低コストで開発でき、オフィスのセキュリティ強化などが可能。将来的には、「ミープ・ライトのシステムを生かし、業務系システムと連携させていく」(土門敬二・常務取締役ビジネスソリューションカンパニープレジデント)方針だ。

 キヤノン販売によると、カラーページプリンタ国内市場は04年が約25万台、05年にカラーの国内市場は、前年比116%の約29万台の2ケタ成長を予測している。「国内市場では、カラーレーザープリンタのうちシェア30%(現在20%未満)を狙う」(江口哲朗・ビジネスプロダクト企画本部ワークグループシステム商品企画部部長)との自信を示し、「これまで、カラーレーザープリンタは競合他社に後塵を拝していた。だが、『サテラ』や『ミープ・ライト』によるソリューション販売で、06年にはカラー市場でNo.1を獲得したい」(村瀬社長)と意気込んだ。