ライブドア(堀江貴文社長兼最高経営責任者)は、ネットワークライティングに対応したコアユーザー向け高性能CD/DVDライティングソフト「Disc Juggler5」を4月28日に発売する。価格は、通常版が1万3440円で、前バ?ジョン「Disc Juggler4」ユーザー対象のアップグレード版が6279円。

 多数の出荷実績をもつライティングソフト「Disc Juggler」シリーズの最新パッケージ版。書き込み可能なドライブを搭載するPCにLAN経由でデータを転送し、遠隔操作でCDやDVDを作成できる「ネットワークライティング」機能、+R/+RWメディアのブックタイプ変更機能といった高度な機能を搭載し、高度で詳細な設定を駆使してライティングを極めることができる。

 最新版では、新たに、二重セクタによるプロテクトディスクのイメージ化に対応。最大2台までの仮想ドライブ作成に対応した仮想CD/DVDソフト「SimDisc3 SE」を同梱し、作成したイメージファイル(.cdi)をそのまま利用することができる。

 このほか、前バージョン同様、プロテクトCDのコピー、プロテクトのかかっていないDVDのコピーが可能(RAWモード対応ドライブの場合)で、音楽CDやデータCD/DVDの作成はもちろん、CDエクストラ、ブータブルCD/DVDなど、さまざまなフォーマットのCD/DVDを作成できる。