KDDIは、日本のビデオ・オン・デマンド(VOD)事業者としては初めて、CBSパラマウント・インターナショナル・テレビジョンとライセンス契約を結んだ。

 これにともない、「コラテラル」「スクール・オブ・ロック」「ミーン・ガールズ」などの新作映画や「ローマの休日」「アンタッチャブル」といった名作、「今そこにある危機」といった娯楽作品を、KDDI「光プラスTV」のビデオラインアップに加え、3月下旬から順次配信を開始した。

 料金は、月額基本料金が2520円。25chの多チャンネル放送と毎月3本(315円以上の作品1本と210円以下の作品2本)のビデオコンテンツをみることができる。オプションチャンネルや追加のビデオコンテンツも別途料金で視聴できる。

 CBSパラマウント・インターナショナル・テレビジョンは、バイアコム傘下の米国最大手映画・TV番組供給事業者の1つで、パラマウント・ピクチャーズの3600本以上の映画作品を含む合計6万時間超の番組カタログを保有し、話題の映画、ドラマ、コメディー、トークショー、ニュース、エンタメ情報番組を世界のテレビ市場に提供している。

 KDDIが提供する「光プラスTV」は、自宅のテレビにセット・トップ・ボックスを接続することによって、多チャンネル放送を見ることができ、VODで約4000本のコンテンツを見ることができる。