コクヨグループのコクヨS&T(岡本光弘社長)は、レーザーポインター搭載ワイヤレスマウスの新製品「プレゼンテーション用USBマウス(ベーシックモデル)」を4月21日に発売する。

 昨年7月発売の「プレゼンテーション用USBマウス」同様、ワイヤレスマウスとレーザーポインター機能を一体化し、パソコンから離れた場所からでも、パソコン操作とプロジェクタ画面への指示が行えるワイヤレスマウス。

 今回の新モデルでは、1つのボタンの機能を1つに絞った。たとえば、PowerPointでのスライドショーの実行や終了、ページ送りなどを、それぞれ1つのボタンで簡単に操作できるようにし、操作性を大幅に向上させた。

 ワイヤレス機能については、一般的なワイヤレスマウスより長い約10mの動作可能距離を実現する2.4GHzの周波数帯を使い、ひと目で電源のオン・オフがわかるスライド式電源スイッチを採用した。

 レーザーポインターは、消費生活用製品安全法に適合するものを用い、スイッチを押している間だけ点灯する。