ソースネクスト(松田憲幸社長)は、気に入った音楽・動画ファイルを携帯電話で再生可能なフォーマットに変換するソフト「携快電話ケータイサウンドメーカー」を4月29日に発売する。価格は1980円。

 変換したい音楽・動画ファイルを選び、再生したい携帯電話の機種を選択するだけで、簡単にデータを変換できる。メモリースティックやSDカードなどの外部メモリかメールで携帯電話にデータを転送する。同社の携帯電話編集ソフト「携快電話」を使ってUSBケーブル経由でデータを移動させることも可能。

 データの変換に加え、低音カット、フェードアウト、音量調節、無音時間調整、動画と音声の合成、フェードインなど、多彩な編集機能を搭載。気に入ったフレーズだけを切り出したり、動画と合成させたりと、自在にデータ編集ができる。一部機種では、作成した曲や動画を着信メロディや着信ムービーに設定することも可能。

 対応入力ファイルは、3GPP、AMC、3GPP2、AVI、QuickTime(MOV)、MP4、MPEG2、ASF、WMV、WMA、WAV、MP3。ただし、MPEG2については別途コーデックが必要。対応出力ファイルは、3GPP(再生専用)、AMC(Q-CELP音声)、3GPP2(再生専用)の3種類。