アドビ システムズ(石井 幹社長)は、「Adobe Acrobat 7.0ファミリー製品」の1つとして、PDFの生成専用の「Adobe Acrobat 7.0 Elements 日本語版」を4月22日に発売する。価格は5145円。Windows XP/2000に対応し、アドビストアではダウンロード販売も行う予定。これまで企業向け製品として100ライセンス以上で提供してきた製品をパッケージ化したもの。

 特徴として、Microsoft Word、Excel、PowerPointなど日常的に使用されるOffice製品からワンクリックで簡単にPDFファイルを生成できるほか、PDFに変換したいファイルを製品のアイコン上にドラッグ&ドロップしたり、ファイルのアイコンを右クリックするだけでPDFファイルに変換することも可能――などがある。

 また、PDFファイル生成時にパスワードを設定し、閲覧者による印刷、コピー、内容の変更などについて簡単に制限することが可能。さらに、「Adobe Acrobat 7.0 Standard」や「Adobe Acrobat 7.0 Professional」、「Adobe LiveCycle Policy Server」と併用することで、文書を配布した後でも配布した文書を開けなくするなど、さらに高度なセキュリティや文書へのアクセス権限を追加できる。