ソニーマーケティング(宮下次衛代表取締役)は、MP3対応ネットワークウォークマン「NW-HD5」を4月21日に発売する。縦型コンパクトボディに20GBハードディスクを内蔵し、業界最長約40時間の連続再生を実現した。価格はオープンで、市場推定価格は3万5000円前後となる見込み。カラーは、シルバー、ブラック、レッドの3色。

 MPに対応し、楽曲はMP3/128kbpsモードで約5000曲(CD約330枚)程度、最大約1万3000曲(CD約900枚)程度記録できる。また、連続再生時間を従来モデルより約10時間延長。充電池に、取り外しや交換が簡単なリチウムイオン電池を採用した。重さ約135gで手のひらにすっぽり収まる縦型形状のコンパクトボディ(幅約59.9×高さ約88.7×奥行き約14.2mm)に、ハードディスクを衝撃から守る重力加速度センサー搭載し耐衝撃性の高さも特徴だ。

 このほかの特徴は、(1)大型7行表示ディスプレイを搭載、背景色は黒(ネガティブ)と白(ポジティブ)の反転表示が可能、(2)使用スタイルに応じ、表示ディスプレイが縦横両方向に90度回転する機能を新たに搭載、(3)最初の検索画面に1ステップで戻れる「SEARCH」ボタン搭載、(4)曲名をアルファベットで検索できる「イニシャルサーチ機能」を採用――など。