パソコン専門量販店の九十九電機(鈴木淳一社長)は、米ゲートウェイ製の低価格デスクトップパソコン「eMachines(イーマシーンズ)」の夏モデル6機種を4月8日に発売する。

 ラインアップは、(1)もっとも低価格なベーシックモデル「J2926」、(2)2層式メディア対応スーパーマルチDVD±RWドライブを搭載し、価格と性能のバランスの取れたスタンダードモデル「J2928」、(3)スペックをより強化したアドバンスドモデル「J3016」、(4)CPUにコストパフォーマンスの高いAMD Athlon64プロセッサ3400+を採用したハイパフォーマンスモデル「J6442」、(5)インテル915G Expressチップセット、Pentium4プロセッサ540(3.20GHz)、大容量200GBハードディスクなど、シリーズ最高峰のスペックを誇るハイエンドモデル「J4422」、(6)ベーシックモデルのOSをWindows XP Professionalに変更したXPプロモデル「J2927」――の6機種(なお、(1)から(5)までの各モデルにはOSにWindows XP Home Editionを搭載)。全モデル揃ってスペックを一新した。

 価格は、ベーシックモデル「J2926」が4万4800円、スタンダードモデル「J2928」が4万9800円、アドバンスドモデル「J3016」が5万9800円、ハイパフォーマンスモデル「J6442」が6万9800円、ハイエンドモデル「J4422」が8万4800円、XPプロモデル「J2927」が5万4800円。

 ディスプレイは別売で、全モデルとも、「プレミアム・マルチメディアキーボード」「スクロールマウス」「ステレオスピーカー」が付属する。また、夏モデル共通仕様として、PC本体にカードスロット「8-in-1メディアリーダー」を標準で搭載しコンパクトフラッシュなど8種類のメディアに対応する。ウイルス対策ソフト「McAfee VirusScan(90日版)」「McAfee SecurityCenter(90日版)」もプリインストールされている。標準で1年のメーカー保証がつくほか、PCリサイクルも対応。

 九十九電機のほか、業務提携している石丸電機、ノジマの各店舗と、ツクモ インターネットショップ、石丸WEBショッピングサイト「レフィーノ」で販売する。