日本ビクターは、DVDを好みのスピードで再生できる便利な「字幕・音声付可変速再生」機能に加え、美しい映像再生を実現する「デジタルダイレクトプログレッシブ」回路を搭載したスリムなDVDプレーヤー「XV-P313」を5月上旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は1万1000円前後。


 普及価格帯ながら、快適・便利な再生機能を拡充させ、美しい映像再生と多彩なディスクフォーマット再生に対応。「字幕・音声付可変速再生(スロー&早送り)」をはじめ、DVDの視聴をより楽しく快適にする機能を多数搭載しており、幅広いユーザーにDVDプレーヤーの楽しさを提案していく。

 主な機能は、(1)好みのスピードでDVDを視聴できる「音声・字幕付可変速再生(スロー&早送り再生)」機能、(2)ガイド画面に従うだけでDVDの初期設定が簡単に行える「簡単セットアップ」、(3)見逃したシーンなどをボタン1つで約10秒前にさかのぼって再生する「チョット見バック」、(4)再生を中断しても、次回そこから続きが見られる「ディスクリジューム」、(5)ディスク挿入から出画までの時間を短縮し、素早い再生が可能な「高速出画」、(6)DVDの音声をTVと同じレベルに調整ができる「ダイナミックレンジTVモード」――など。

 本体は、高さ44mm、奥行201.5mm とスリムでコンパクトな設計で、薄型テレビと組み合わせるなど、レイアウトが自由に行える。ディスク再生は、DVDビデオ、ビデオCD、音楽用CD、DVD-R/ -RW (ビデオモード)、+R/ +RWに対応。さらにCD-R/RWに記録されたスーパービデオCD、JPEGスライドショー、MP3の再生まで、多彩なディスク再生が可能となっている。