ジャストシステムは、音楽配信に対応し、対応デジタルオーディオプレーヤーに音楽を転送できるデジタルオーディオソフト「BeatJam 2005」を5月27日に発売する。価格は3800円(税別)。また、ホームネットワーク機能を搭載した「BeatJam 2005 [Music Server Edition]」を5800円(税別)で発売する。

 さらに今回、両製品あわせて5000本限定の「発売記念パッケージ」も用意。レーベルゲートが運営する音楽ダウンロードサービス「Mora(モーラ)」で楽曲をダウンロードできる「ネットミュージック・クーポン(3曲分)」を付属する。

 「BeatJam」は、99年12月にパッケージ販売を開始した高音質で多機能なデジタルオーディオソフト。著作権保護技術「OpenMG」に対応し、大手パソコン、オーディオ、携帯電話メーカー各社へ出荷。現在、パソコンやMD、携帯電話など累計700万台以上にプリインストール・バンドルされている。

 同社では、BeatJamのパッケージ版を発売することで、「BeatJam」ユーザー層の拡大を図り、パソコンを中心としたデジタルオーディオプレーヤーやホームネットワークも含めた音楽の楽しみ方を、より多くの人に提案していく考え。

 主な特徴は、(1)音楽CDの録音、再生が可能、(2)CD情報の取得、(3)録音のフォーマットはOpenMG形式、MP3形式、Windows Media ファイル(WMA)形式、WAV形式から選択可能、(4)音楽ファイルは、アルバム単位、アーティスト単位、ジャンル単位で自動的に分類して表示、さらに自分の好きな曲を集めたプレイリストを作成可能、(5)音楽ダウンロードサービス「Mora」との連携、(6)デジタルオーディオプレーヤーへの楽曲の転送、(7)「RoomStyleプレーヤー」では全画面表示が行えるほか、いろいろなモーションパッケージを切りかえて楽しむことができる、(8)Skinに対応――など。

 同時発売の 「BeatJam 2005 [Music Server Edition]」は、手軽にホームネットワークを実現できる製品。BeatJamがインストールされているパソコンをホームサーバーにできる「BeatJam Music Server」と、LANでつながっているほかのパソコンで楽曲を再生できる「BeatJam Network Player」を同梱している。