パイオニア(伊藤周男社長)は、片面二層DVD-R for DL規格に準拠した片面二層DVD-R DL(デュアル・レイヤー)ディスクに対応し、ディスク1枚に最長24時間連続で録画可能なHDD&DVDレコーダー2機種を5月上旬から順次発売する。片面二層DVD-R DLに対応した家電DVDレコーダーは世界初。

 ラインアップは、HDD容量200GBの下位モデル「DVR-530H」(5月上旬)と、HDD容量250GBの上位モデル「DVR-555H」(6月上旬発売)――の2機種。価格はともにオープンで、実勢価格は「DVR-530H」が7万円前後、「DVR-555H」が8万円前後の見込み。

 新開発のMPEGエンコーダを採用し、これまで以上の高画質・長時間録画を実現している。新たに対応した片面二層DVD-R DLディスクへは最長24時間、DVDソフトと同等の高画質モードでも最長約6時間記録できる。内蔵HDDへは、録画レベル「MN1」使用時で、上位モデル「DVR-555H」が最長約711時間、下位モデル「DVR-530H」が最長約569時間と、どちらも長時間の録画が可能。また、従来のHDDへの最高画質録画「XPモード(10Mbps)」に加え、より高画質な録画モード「XP+モード(15Mbps)」を新たに用意した。

 ダビング速度の高速化も図り、HDDからDVD-Rへのダビングは、業界最速の最大100倍速。従来1分以上かかっていた1時間番組のダビングを約40秒で完了することができる。高画質でHDDからDVDにダビングができる「2パスプロダビング」も搭載。映像に応じて最適なビットレートを計算し、HDDに最適な画質でダビングを行う。

 新機能「快速ディスクナビ」と「気がきくナビ」を搭載し、簡単で迷わない簡単操作も特徴。このほか、(1)DVD-R/RW、DVD-RAM、DVD+R/+RWディスクなど数多くのDVD規格の再生に対応、(2)ワンタッチで音楽CDをHDDに録音できる「ジュークボックス」機能を搭載、(3)HDDへの二か国語録画や、中間解像度(2/3D1、3/4D1)での記録に対応、(4)待機時消費電力0.38Wの省エネ設計――などの特徴をもつ。

 さらに、上位モデル「DVR-555H」には、地上波放送の映像を鮮明にする「ゴーストリダクションチューナー」や業界初のUSB端子を搭載。デジタルカメラやピクトブリッジ対応のプリンタ、キーボードなどとの接続を可能にした。