はてな(近藤淳也社長)は、楽天(三木谷浩史会長兼社長)と提携し、4月1日から両社ポイントの交換サービスを開始する。交換比率は「はてなポイント」と「 楽天スーパーポイント」で1対1。交換条件は最低2000はてなポイント以上で、1ポイント単位。ポイントプログラムの付加価値を向上させることで両社ユーザーの利便性を高め、ポイント利用の活性化を図る狙い。

 「はてなポイント」は、はてな内で流通しているポイント。人力検索サイト「はてな」で質問/回答が行われた際に、ポイントを使用して謝礼が支払われる。貯まったポイントは、はてな内の各種サービスをより便利に使うための有料オプションの支払いに利用できるほか、換金することも可能。

 「楽天スーパーポイント」は、楽天会員(登録無料)が「楽天市場」での買い物や「楽天トラベル」など各種サービスを利用した際の金額に応じて付与され、「楽天市場」での買い物などの支払いに、1ポイント=1円で利用可能。03年12月からは、「ケータイ版楽天市場」からの利用も可能となっている。