クリエイティブメディア(シム・ウォン・フー社長)は、「Zen Micro」のHDDを20GBにアップした大容量モデル「Creative Zen 20GB」を発売する。

 約1万曲が収録可能なデジタルオーディオプレーヤーで、カラーバリエーションはブラックモデル「CZ20G-BK」(4月中旬発売)とホワイトモデル「CZ20G-WT」(発売未定)の2つ。価格はオープンで、クリエイティブオンラインショップ価格は各2万9800円。専用のワイヤードリモコン3機種も4月下旬に発売する(同オンラインショップ価格で各1980円)。

 1.8インチのハードディスクを搭載しながら、手のひらサイズのスモール&ライトボディ(幅約62mm×高さ約95mm×厚さ約19.5mm、バッテリー込みで重量約140.5g)を実現。操作性の良いタッチパッドはそのままに、液晶画面の大型化(1.65型)で視認性がアップした。さらにブルーのバックライトで液晶画面やコントロールボタン、プレーヤーフェイスの輪郭をライトアップする。

 このほかの特徴は、(1)リチウムイオンバッテリー内蔵で連続再生は約11時間、(2)タッチパッドコントロールによるシンプルかつ直感的なナビゲーション、(3)USB 2.0対応で専用のデバイスドライバや転送ソフトなしにデータファイル転送が簡単に行えるほか、外付け大容量ハードディスクとしても使用可能、(4)Microsoft Outlookのカレンダーの予定やToDoリスト、アドレス帳のデータを転送して参照することが可能、(5)MP3とWMAさらにDRM付きのWMAファイルの再生に対応、(6)96dBの高音質再生、(7)ワールドワイド対応FMラジオチューナーを搭載――など。