ビックカメラ(新井隆司社長)は、3月25日に愛知県で開催された「愛・地球博」を記念して、「愛・地球博」開催記念写真コンテストを開催する。応募期間は、10月25日必着まで。

 写真コンテストのテーマは、「愛・地球博」のメインテーマ「自然の叡智」を深く理解し、大自然の「雄大さ」、「驚異」と、命あるものすべてへの「愛情」が表現されている作品であること。応募資格は日本国内に居住している人で、プロ・アマチュアは問わない。

 応募は、ビックカメラ各店で配布するパンフレットの裏面の応募票を写真1枚につき1枚貼り付け、「愛・地球博」開催記念写真コンテスト事務局まで郵送する。なお、応募作品の返却はしない。応募作品は未発表、または応募期間中に発表する予定のない自作の作品に限る。

 11月下旬にビックカメラ店内、およびビックカメラ.comで受賞者の先行結果発表を行い、賞品として、「2005年日本国際博覧会協会賞」が最新AV家電(50万円相当)、「ビックカメラ賞」がビックカメラ商品券(30万円相当)、「三井・東芝館賞」が最新冷蔵庫(20万円相当)、「三菱未来館賞」が最新液晶テレビ(20万円相当)、「日立グループ館賞」が最新省エネエアコン(20万円相当)など、協賛企業各社から多数用意している。

 なお、ビックカメラ名古屋駅西店では、店内1階に「愛・地球博インフォメーション」を設置し、会場の案内や見所紹介に加え、愛・地球博オフィシャルグッズの販売を行い、「愛・地球博」の魅力を伝えていく予定。