プリンストンテクノロジー(池田譲治社長)は、NAS製品のバックアップ専用ネットワークHDD「PNB20S-250」(250GB)を3月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格(税別)は8万円前後。

 新製品は、ファイルサーバーとして利用しているNAS製品のトラブルに対処するため、バックアップ専用のネットワークHDDとして開発された。用途をバックアップに絞ることで効率性の向上と低コスト化を実現した。

 また、「NAS Ware Professional Edition」を標準装備し、同社NAS製品「Monolithシリーズ」との高い接続性を実現。リモートレプリケーション機能で定期的バックアップが自動で行える。

 このほかの特徴は、(1)ネットワーク経由でのバックアップが可能なため遠隔地への設置も可能、(2)スリムなデスクトップデザイン、(3)ブラウザによる設定&管理、(4)Windows、Mac、Linux/UNIXに対応したマルチプラットフォーム設計、(5)ファイルサイズは2GBまでサポート(Windows)――など。