イースト(下川和男代表専務取締役)は、急速な広がりを見せている「ブログ」(WebLog:簡単にホームページを作るソフト)と「ソーシャルネットワーク」(SNS:友人関係を定義するソフト)を組み合わせた新たなサービス「BizPal」を販売開始した。ASP型による提供で、価格は、初回のみ設定費が21万円、年間運営費は1000人までが98万円、1万人までが380万円。初年度1000ユーザーの獲得を目指す。

 「BizPal」は、「ブログ」と「ソーシャルネットワーク」のビジネス利用促進を目的としたサービス。会社、学会、協議会などの「閉じた空間」を構築でき、「管理者モード」も備えている。社内データベースとの統合や個人認証システムとの連携、デザイン変更などのカスタマイズにも柔軟に対応する。

 利用用途としては、(1)会社では社内コミュニケーション/作業日報/営業日誌/情報共有など、(2)学会・協議会ではコミュニティー作り/共同研究/掲示板/イベント参加など、(3)顧客グループではリコメンド/グループ化/活性化/リピーター確保など、(4)マスコミではミニコミ/地域情報の収集/読者グループなど―─を想定している。

 なお、誰でも自由に「BizPal」を体験できる「BizPal体験サイト」も開設した。