■アイフォー「筆王2005春 for Windows CD-ROM版」
      ■アイフォー「筆王2005春 for Windows DVD-ROM版」
      ■クレオ「筆まめ Ver.15 CD-ROM版」

 3月2週(3月14日?20日)、葉書・毛筆ソフト製品別ランキングでアイフォーの「筆王2005春 for Windows CD-ROM版」が、前週(3月7日?13日)に続いてトップを獲得した。シェアは13.9%で、提供メディアが異なる2位の「筆王2005春 for Windows DVD-ROM版」のシェアと合わせると25%を超えた。他社が春商戦向けに主力新製品を投入していないだけに、今後も勢いは続きそうだ。

 アイフォー「筆王2005春」は、3月4日に発売されたばかりの最新バージョン。昨年9月に発売された「筆王2005」をベースに、スペシャル特典として、引越しや入学・就職など新生活の挨拶に最適な500点以上の春向き素材と、最新の郵便番号辞書、入力済みの住所を市町村合併による変更に合わせて更新するコンバータなどを収録した「春ロム」を追加。さらに、6月30日までの期間中に申し込んだユーザーには、今秋発売予定の「筆王2006」のダウンロード版またはパッケージ版(送料等実費のみ負担)を無料でプレゼントする。

 なお、1位の「筆王2005春 for Windows CD-ROM版」と2位の「筆王2005春 for Windows DVD-ROM版」は、収録するイラスト・文字・写真・フレーム素材がDVD-ROM版の方が多いほかは、内容・特典ともに共通となっている。

 一般的にハガキ作成ソフトは、最大の用途である年賀状作成シーズンに向けて、年に1回、秋から冬にかけて新バージョンが発売されることが多い。販売もその時期に集中する。その一方で、たび重なるバージョンアップにともない、住所録作成や付属ソフトの多機能化・充実化が進み、年賀状以外の用途でも十分に活用できるようになってきた。

 今回、アイフォーでは、3月から4月にかけての「新入学・新生活シーズン」を、はがき・住所録作成ソフトの新たな売り込み時期と位置づけ、新製品「筆王2005春」を投入。年末商戦以降も、強力なブランド力で1位をキープしてきたクレオ「筆まめ Ver.15 CD-ROM版」を発売2週で抜き去り、1位を奪取した。

 対するクレオも、主力の新製品こそ投入しないものの、最新の郵便番号辞書がダウンロードでき、登録ユーザーに抽選でグッズをプレゼントする「筆まめVer.15 春の新生活応援キャンペーン」を実施し、新たなユーザーの獲得に力を注いでいる。また、追加ラインアップとして、名刺OCR機能を追加した「筆まめ名刺読取」を4月8日に発売、巻き返しを狙う。

 これらの新製品も含め、今後の数週間のランキング争いは熾烈をきわめそうだ。とくに、年賀状シーズンに購入を見送った人や買いそびれた人、新入学生・新社会人は、要注目。→ランキング詳細(3月1週[3月7日?13日])

◆アイフォー「筆王2005春 for Windows CD-ROM版」の主な特徴

●住所録入力から文面デザイン、印刷まで対応
●ラベル印刷やQRコード印刷など豊富な機能を搭載
●「筆王2006 ダウンロード版/パッケージ版」をもれなくプレゼント
●春向き素材500点以上を追加、収録イラストデータ総数は約1万5100点
●ダウンロードで「マカフィー・ウイルススキャン90日版」をプレゼント
●フルカラーイラストブックやユーザーズガイドなどのマニュアルを同梱
●CD-ROM4枚組