ジャストシステム(浮川和宣社長)は、「テーブル工房kiki」(徳島県)と共同で、自然のぬくもりを感じさせる無垢の木を使ったマウスパッド「木のマウスパッド」を開発し、同社のオンラインショッピングサイト「Just MyShop」で販売を開始した。

 「木のマウスパッド」は、普段プラスチックなどの樹脂や金属類の製品に囲まれることが多いパソコン環境に、木の素材によるぬくもりや自然な味わいをもたらすことを目的に企画したもの。

 「Just MyShop」の「木の小物コーナー」で木製小物などを提供している「テーブル工房kiki」と、そこでモノづくりに取り組んでいるデザイナーの小泉誠氏と村澤一晃氏の協力を得て開発した。

 ラインアップは、(1)コルクのベースにいろいろな樹種のパットを埋め込んだ「EGG PAD」(ウォールナット/黒檀)、(2)デスクの角に引っ掛けて使ったり、平らにしたり、手前や向こうに傾斜をつけるなど3通りに使える「KOZUKUE」(神代ニレ/花梨)、(3)ひとつひとつ違う自然の木目を活かしたデザインと丸みを帯びた上品なかたちが特徴の「すろーぴー」(栃/花梨)――の3種類で、形状や使用する木の素材が異なる計6タイプを製品化した。

 価格は、「EGG PAD」が2310円、「KOZUKUE」が3150円、「すろーぴー」が3465円。初回生産数は各30個。初回生産数がなくなり次第、増産する場合もあるが、手作りのため、生産には3週間ほど必要となる。