コンピュータ・アソシエイツ(CA、三ッ森隆司社長)は、SOHO・個人向けのセキュリティ対策ソフトウェア製品「eTrust」シリーズを4月1日から順次販売開始すると発表した。同社がコンシューマ向け製品を日本市場に投入するのは、今回が初めて。

 発売するのは、ウイルス対策ソフトとして、(1)「eTrust アンチウイルス 2005」(ダウンロード版、店頭パッケージ版)、(2)「eTrust アンチウイルス 2005(特別優待版)」(店頭パッケージ版)――の2製品と、スパイウェア専用対策ソフト「eTrust PestPatrol アンチスパイウェア 2005」(ダウンロード版、店頭パッケージ版)の合計3製品。さらに、発売記念キャンペーンパッケージとして、「eTrust おまかせバリューパック」(ダウンロード版、店頭パッケージ版)も発売する。

 「eTrustアンチウイルス 2005」は、直感的に使いやすいインターフェイスと容易な操作性、最新で最も厳格なウイルス防御機能を提供し、潜在する脅威や新たなウイルスからPCを守り、被害を未然に防ぐ。

 また、「eTrust PestPatrol アンチスパイウェア 2005」は、グラフィカルなインターフェイスで、初心者から上級者まで容易に使えるスパイウェア対策専用ソフト。「CA セキュリティ・アドバイザリー・チーム」内に設置しているスパイウェア専門研究機関「セキュリティ・リサーチ・センター」によって、総合的なスパイウェア・データベースを提供し、あらゆる脅威を検出する。

 「eTrust おまかせバリューパック」は、この2製品をパックしたもので、発売を記念した特別価格で提供する。

 4月1日から同社直営Eコマースサイト「CAストア」で販売し、順次国内の主要なインターネットショッピングサイトでも販売を行う。4月22日から全国の大手家電量販店でも販売する予定。

 価格は、ダウンロード版が、「アンチウイルス 2005」と「アンチスパイウェア 2005」が1ユーザーライセンス各3980円、「おまかせバリューパック」が同4980円。店頭パッケージ版は、「アンチウイルス 2005」と「アンチスパイウェア 2005」が同各5680円、「おまかせバリューパック」が同5980円、「アンチウイルス 2005(特別優待版)」が同3980円。

 さらに同社では、今回の4製品に加え、今後数か月以内に迷惑メール対策ソフト、およびファイアウォール対策ソフトの追加製品を投入する計画。今後も継続してコンシューマ向け「eTrust製品」のラインアップを拡充していく方針。

 なお、「eTrust」シリーズは、「プロの道具(ツール)をご家庭で」を製品コンセプトに掲げ、同社が企業向けに培ってきた高い技術を、初心者にもわかりやすく、使いやすい、信頼できるコンシューマ向けセキュリティ製品として、タイムリーかつ求め安い価格帯で提供するもの。同社では、「“製品の質、価格、サポート”を3つの柱とし、すべてのユーザーに信頼を提供しつつ、安心してインターネットを利用できる暮らしの実現に向けて努力していく」としている。