日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループ(立花和弘グループ長&CEO)は、1500ルーメンの明るさと質量2.2kgの軽量化を実現したSVGAリアル対応液晶プロジェクタ「CP-RS55J」を4月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は12万円前後の見込み。当初の国内月産台数は500台。

 新製品は、「明るく小型・軽量で使いやすく、しかも、購入しやすい値ごろ感のある価格帯の液晶プロジェクタ」といったニーズに対したコンパクトモデルで、マイクロレンズアレイ付き0.55型高開口率透過型液晶パネルと、高出力165Wランプの採用することで、1500ルーメンの高輝度を実現。同時に、重さを2.2kgまで軽くし、簡単に持ち運んで、幅広い用途で利用できるようにした。

 使いやすさの向上では、プロジェクタの操作に不慣な人向けの「簡単メニュー」と通常の「詳細メニュー」の2種類の調整メニューを用意。また、モバイル性を考え、持った時に自然に手になじむラウンド形状を正面と背面に施し、全体的に凹凸の少ないスッキリとしたデザインとした。

 このほか、(1)動画のチラつきを抑え、なめらかな映像を再現するプログレッシブ回路、 (2)簡単に画質調整できる「ガンマイコライジング調整」機能、(3)投影する映像に応じて選べる「ノーマル」「シネマ」「ダイナミック」の3つの画質モード、(4)1.2倍デジタルズーム機能、(5)自動的に電源を切る「オートオフ」機能――などを搭載する。