ソースネクスト(松田憲幸社長)は、翻訳ソフト「本格翻訳4」シリーズの新製品として、12分野75万語の専門辞書を追加した「本格翻訳4 GOLD」を4月8日に発売する。価格は7980円。

 「本格翻訳4」シリーズは、業界トップクラスのNEC最新翻訳エンジンと、313万語の単語を収録した基本辞書を搭載した高性能翻訳ソフト。1クリックまたはドラッグ&ドロップだけで英語・日本語の双方向翻訳を行えるのが特徴で、現在、通常版の「本格翻訳4」のほか、同製品にビジネス辞書20万語を追加した「同 SUPER」、専門辞書31分野121万語以上を追加した「同 Platinum」を発売している。

 今回の「本格翻訳4 GOLD」では、医学やビジネスなどの12分野75万語の専門辞書を追加。また、文章翻訳の質を上げるために、ビジネスなどで必要な日本語・英語・中国語・韓国語・ロシア語の5か国語の定型文書を日本語の質問に答えるだけで簡単に作成できる多言語文書作成ソフト「すらすら翻訳代筆」も同梱し、より精度の高い翻訳を可能にしている。