システムトークス(板坂太郎社長)は、「SUGOI CARD」シリーズの新製品として、ギガビットLANとUSBコネクタ2ポートを搭載したカードバス対応PCカード「SGC-X2UG」を3月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は9800円前後の見込み。

 新製品は、従来の10BASE-Tの100倍、100BASE-TXの10倍の速さで転送できる1000BASE-T(1000Mbps)対応ギガビットLANアダプタとUSB2.0ポート2基を1枚のPCカードに搭載。これによって、1枚のカードを挿すだけで、高速ブロードバンド環境とUSB2.0対応のUSBポートの両方を手に入れられる。

 とくに旧型のノートPCなどに最適で、簡単にギガビッド高速LAN対応マシンにパワーアップ可能。また、ADSLやFTTHといった100Mbps以下の環境で使用する場合でも、通信速度の高速化を図ることができる。

 また、搭載する2基のUSBポートは大容量2000mAの電流を供給可能で(特許出願済み)、バスパワー駆動のハードディスク、MOドライブ、イメージスキャナなどの接続に対応する。

 このほかの特徴は、(1)従来の通信速度にも自動対応する「オートネゴシエーション機能」を搭載、(2)自動的に最適なインストールを行う「オートマインストール」を利用可能、(3)大量のデータを高速で転送できる双方向通信や、通信速度を高速化する「ジャンボフレーム」に対応、(4)ADSLなどのブロードバンドインターネット環境を高速化する設定ユーティリティソフト「BB Tune」をバンドル――など。