日本サムスン(李昌烈[イ・チャンヨル]社長)は、デジタルオーディオプレーヤーの新製品として、5GBのハードディスクを搭載した「YH-820MC」、写真画像の表示も可能なフラッシュメモリタイプ「YP-T7」シリーズ、フラッシュメモリ型「YP-T6」シリーズ3機種、単3電池1本で42時間の連続再生が可能な「YP-MT6」シリーズを3月18日に発売する。価格はすべてオープンプライス。

 5GBハードディスクタイプの「YH-820MC」は、カラー液晶画面を搭載し、スリムでスタイリッシュなデザインに最大約1250曲の保存が可能。付属の画像管理ソフトウェアを使ってJPEG画像の表示、保存が行える。

 主な特徴は、(1)10か国語表示のマルチ言語をサポート、(2)全世界で使用可能なFMチューナー搭載、(3)USB2.0で高速データ転送、(4)便利な各種機能(ボイスレコーディング、ダイレクトエンコーディングなど)、(5)迫力の立体サウンド、(5)付属ソフトつき――など。

 写真画像の表示も可能な「YP-T7」シリーズは、MP3、WAV、WMA、ASFの各ファイル形式に加え、OGGの再生にも対応。充電式タイプの薄型、軽量なデザインで、フルカラー液晶ディスプレイの採用により、音楽だけでなく写真画像の表示も可能となっている。

 主な特徴は、(1)カラー液晶画面でJPEG画像やテキストが表示可能、(2)小型・スリムなスタイリッシュデザイン、(3)時計表示および管理機能を搭載、(4)マルチ言語サポート、(5)便利な時間表示および管理機能でFMラジオも予約録音、(6)音楽ファイル再生・録音機能が充実、(7)迫力の立体サウンド、(5)付属ソフト――など。ラインアップは、1GBタイプ(YP-T7Z)と、512MBタイプ(YP-T7X、サムスンダイレクト専用モデル)を用意している。

 フラッシュメモリ型の「YP-T6」シリーズは、3ケタ表示が可能なWhite LEDバックライトの搭載で表示画面の視認性を高め、快適な操作性を実現した。また、音楽ファイル形式もMP3、WAV、WMA、ASFに加え、OGGが再生できる本格派タイプとなっている。

 主な特徴は、(1)スタイリッシュなキューブ型デザイン、(2)White LEDバックライトを搭載、(3)音楽ファイル再生・録音機能が充実、(4)10か国語が表示可能なマルチ言語サポート機能搭載、(5)単4アルカリ電池で約20時間連続再生、(5)迫力の立体サウンドSRS WOWを搭載――など。ラインアップは、1GBタイプ(YP-T6Z)、512MBタイプ(YP-T6X)、256MBタイプ(サムスンダイレクト専用モデル、YP-T6V)の3タイプ。

 単3電池1本で42時間の連続再生が可能な「YP-MT6」シリーズは、25×61×24mmの小型でシンプルかつスタイリッシュなキューブ型デザインを採用。4行表示が可能なWhite LEDバックライトの液晶表示画面を採用することで視認性と操作性を高めた。

 主な特徴は、(1)スタイリッシュなキューブ型デザイン、(2)White LEDバックライトを搭載、(3)音楽ファイル再生・録音機能が充実、(4)10か国語が表示可能なマルチ言語サポート機能搭載、(5)単3アルカリ電池で約42時間の長時間連続再生、(5)迫力の立体サウンドSRS WOWを搭載――など。ラインアップとしては、512MBタイプ(YP-MT6X)と、256MBタイプ(YP-MT6V)を用意している。