ソースネクスト(松田憲幸社長)は、PDFをデータファイルに変換し、編集できるソフト「いきなり PDF to Data」を4月8日に発売する。価格は1980円。また、「いきなりPDFProfessional」と「いきなり PDF to Data」のパック商品「いきなりPDFExpertPack」(3970円)もあわせて発売する。

 新製品は、PDFの文字データをOCRエンジンで読み取り、ExcelやWordなど希望のファイル形式に出力できるソフト。PDFの資料をもとに新しい書類の作成や編集に適している。また、パスワード制限のかかったPDFでも、読み取り時にパスワードを入力することで読み取りが可能になる。

 主な特徴は、(1)操作は、出力したい形式を選んでPDFをドラッグ&ドロップするだけのシンプル操作、(2)出力形式は、Microsoft Excel 2000/2002/2003、Word 2000/2002/2003、テキスト、JPEG、ビットマップ、本格読取(TIF)、(3)複数のPDFファイルも一括処理、(4)業界トップクラスのパナソニック文字認識エンジンを搭載――など。