旺文社デジタルインスティテュート(旺文社DI、川居 睦社長)は、英検本試験対策教材「英検全問題シリーズ 2005年版」を3月22日から順次発売する。

 「英検全問題シリーズ 2005年版」は、日本英語検定協会が04年に実施した年間3回(03年度第3回、04年度第1回、2回)の試験問題をすべて収録し、問題ごとに和訳や詳しい解説を加えたデジタル英語教材。筆記試験に加え、面接問題も収録し、試験官の問いかけや応答例を音声で学べるようにした。

 ラインアップは、収録する英検試験のレベル(級)別に、「準1級」「2級」「準2級」「3級」「4級」――の5タイトルを用意。さらに、ユーザーの使用環境に合わせて、CD-ROM版・ライセンス版・ネットワーク版の3タイプの提供形態を用意し、英検受験予定の中学生から大学生、社会人までを主なターゲットに幅広く販売する。

 価格は、CD-ROM版とライセンス版が3990円から、ネットワーク版が4200円から。なお、ネットワーク版には、同社の「英語レベルアップ講座」、アルプス システム インテグレーションの「SMART-HTML対応教材」がある。初年度総販売目標は1億3500万円。