ソルダムは、5.25インチベイ活用の新製品として、高性能PC情報パネル「WiNDy Visualizer(ヴィジュアライザー)」を3月18日に発売する。同社オンラインショップ「SOLDAM ONLINE」で先行販売を開始している。

 新製品は、オーディオパネルなどに利用されているVFD(Vacuum Fluorescent Display)パネルを搭載した5.25インチベイ対応の表示パネルで、CPU、メモリ、HDD、マザーボード情報など、PCのあらゆる情報をダイレクトに表示する。高性能VFDを採用し、自発光素子を採用しているため、暗闇でもくっきりと表示できる。

 専用ソフト「WiNDy Visualizer Control Center」を使うことで、誰でも簡単にPCの情報を表示させることが可能。ハードウェア情報はもちろん、CPUやメモリなどの利用状況をリアルタイムで表示したり、マザーボード上の温度などもリアルタイムで表示させることができる。また、「Winamp」や「Windows Media Player」との連携や、Eメールの到着確認など、さまざまなカスタマイズも可能となっている。

 全11色のカラーパネルを用意し、PCケースのボディカラーに合わせてコーディネートすることができる。価格はカラーごとに異なり、アイボリー、シルバー、ブラックが1万3839円。ホワイトパールマイカが1万4154円。スーパーガンメタリック、クリームアイボリー、アクアマリン、ペールローズ、ブルー、レッドが1万3839円。ディープパープルが1万5309円。