富士通は、最大容量2.3GB、最大回転数毎分6094rpmのUSB2.0に対応したMOドライブ「DynaMO 2300U2(DMO23U2S)」を3月12日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後となる見込み。05年度で2万台の販売を目指す。

 「DynaMOシリーズ」の最上位機として、従来機に比べ約2倍の高速書込みを実現。大容量データをさらに高速・快適に取り扱えるようになった。2.3GBから128MBまで、すべてのMOディスクに対応。

 MOディスク内のデータを保護する同社オリジナルのセキュリティ・ソフトウェアを標準添付(Windowsのみ対応)。2.3GBと1.3GBのGIGAMO規格のディスクに最長28文字のパスワードが設定でき、データの無断読み書きを防止する「SecureMO Light28」と、ディスク内の保存データをファイルまたはフォルダごとに暗号化してパスワードを設定できる「SecureMO Folder」を搭載する。

 なお、グローバルな環境対策を織り込んだ同社独自の「グリーン製品評価規定」をクリアしている。