ソニーマーケティングは、本体最薄部9.8mmという超薄型を実現したカードタイプのデジタルカメラ“サイバーショット”「DSC-T7」 を4月15日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は5万5000円前後の見込み。

 新製品は、胸ポケットや小さな鞄にもすっきりと収まり、カメラを「身につける」感覚で持ち歩くことができるカードタイプの薄型デジカメ。薄さを追求するため、基盤・バッテリーなどの基幹部品を新規開発。さらに、独自の高密度実装技術で部品レイアウトの効率化を図り、現行機種「DSC-T3」の17.3mmから大幅ダウンとなる本体最薄部9.8mmを実現した。

 また、「サイバーショット Tシリーズ」の最上位モデルとして、高画質撮影が可能な有効510万画素Super HAD CCD、屋外や斜め方向からでも見やすい2.5型大画面「クリアフォト液晶」モニタ、撮った画像を見せて楽しむ「ビューワー機能」などを搭載。「持つ」「撮る」「見る・見せる」すべての要素において、より快適に利用できるようにした。

 本体素材には、丈夫で高級感のあるステンレスを採用。上下にスライドする光沢感あるレンズカバーとあわせて、スタイリッシュで高品位なデザインに仕上げた。カラーは、シルバーとブラックの2色。