ベンキュー ジャパンは、最先端技術であるLightScribe(ライトスクライブ)テクノロジを搭載した記録型DVD±RWドライブ「DW1625」を発売する。価格は1万2800円。

 「LightScribeテクノロジ」は、データを記録するだけでなく、対応メディアを使うことで、同ドライブによってメディアの表面にラベル印刷が可能。LightScribe対応ドライブ、対応ソフトウェア、対応メディアの3つを連携させることで、プリンタを使わずにオリジナルラベル印刷が可能となる。

 このほかの特徴は、(1)DVD+R 最大16倍速、DVD-R 最大8倍速の高速書込速度を実現、(2)DVD+DL 2.4倍速の2層式書き込みに標準対応、(3)DVD書込ソフトウェア「Nero Express 6」、DVD編集制作ソフトウェア「Nero Vision Express 2」、DVD再生ソフト「Nero Showtime 1.5」、LightScribeラベル作成ソフトウェア「Nero Print LightScribe Label」、(4)オリジナルユーティリティソフトウェア2製品同梱、(5)最適な書き込み条件を感知し、ドライブを一番効率良い電力に調整するWOPC(Walking Optimal Power Control)技術採用――など。

 なお、LightScribeテクノロジ搭載、BenQ記録型DVDドライブの発売記念として、新製品モニター5人を募集している。