トリスター(小俣信彦社長)は、Windows携帯電話編集ソフト「携帯万能14」の追加ラインアップとして、機種変更やキャリア間の乗り換えに最適な特別パッケージ4製品を3月11日に数量限定で発売する。価格は、ともに7350円。

 新製品は、「携帯万能14」ソフト本体に加えて、今後もっともニーズが高いと見込まれる「FOMAへの機種変更」に使えるFOMA用USBケーブルなどを同梱した特別パッケージ。さらに特別版だけの特典として、パソコンと同じように携帯電話インターネットを利用でき、1日20ページまで閲覧可能なフルブラウザ「jigブラウザ30日体験版」(FOMA/WIN対応)を同梱する。

 ラインアップは、使用するキャリアや機種変更のタイプ別に、(1)「携帯万能14 FOMA+PDC用USBケーブル2本セット」、(2)「同 FOMA+au用USBケーブル2本セット」、(3)「同 PDC用USBケーブル+au変換アダプタセット」、(4)「同 WIN用モバイル通信セット」――の計4製品を用意。

 「FOMA+PDC用USBケーブル2本セット」と「FOMA+au用USBケーブル2本セット」は、FOMAへ機種変更するユーザー向けに、それぞれFOMAケーブルを同梱し、DoCoMo間の機種変更からauやVodafoneなどの他キャリアからの乗り換えまで幅広く対応した。

 「PDC用USBケーブル+au変換アダプタセット」は、auの第3世代携帯電話「WIN」シリーズへの機種変更するユーザー向けに、PDC用USBケーブルとCDMA変換アダプタをセットし、DoCoMoやVodafoneなどからの機種変更にも対応した。

 「WIN用モバイル通信セット」は、業界初のWIN用モデムケーブルを同梱し、「携帯万能」が標準で備えるモデム通信機能を、WIN端末のデータ通信速度で利用できるようにした。au間の機種変更に役立つのはもちろん、その後も快適なモバイル通信が利用できるメリットがある。