アマノ(本社・横浜市、春田 薫社長)は、タイムレコーダーの拡張シリーズとして、同社製タイムカードに市販のインクジェットプリンタで社員番号・名前・所属・処理年月などを印刷できるWindows用アプリケーションソフト「タイムカード名前書きソフト」を発売した。価格は3900円。タイムカードへの名前書き機能は業界初で、現在、特許出願中。

 パソコンを使って完成イメージを確認しながら、タイムカードに名前などを書き込めるソフト。これまでの面倒な手書き作業やスタンプ押し作業に代わって、パソコンで入力・管理から印刷までをできるようにした。CSVファイルの読み込みに対応し、表計算ソフトを利用したデータ登録も可能。

 対応するタイムカードは、(1)アマノ標準タイムカード(A/B/C/Dカード)、(2)簡易集計タイムレコーダー「MRXシリーズ」用アマノMRXカード、(3)PC接続式タイムレコーダー「TimeP@CK」用アマノTimeP@CK専用カード(A/B/Cカード)――の3タイプ。