バッファロー(本社・名古屋市、斉木邦明社長)は、USB2.0フラッシュメモリ「ClipDrive」の新製品として、超高速タイプ「ClipDrive“TypeR”」512MB、1GB、2GB、4GBの4モデルを3月中旬に発売する。

 業界最速の読込み速度最大32MB/s、書込み速度最大27MB/sを実現した超高速フラッシュメモリ。USB2.0接続のポータブルハードディスクにも迫る速度で、マルチメディアデータなどの大容量ファイルも楽に転送できる。最大4GBまでの大容量をカバーし、大きなファイルも余裕で収納して持ち運べる。

 きょう体は、キーケースに納まる小型・軽量のクリップサイズで、シルバーとブラックのツートンカラーを採用した高級感のあるスタイリッシュなデザイン。モバイル使用を考えてポケットなどにはさめるクリップを付け、ずり落ちを防止した。

 このほかの特徴は、(1)4チップ同時アクセスで転送量4倍、(2)データの誤消去を防ぐ「誤消去防止スイッチ」を装備、(3)電源やドライバインストール不要、(4)Windows & Macintosh両対応――など。

 価格はすべてオープン。実勢価格は、「RUF2-R1G-S」(1GB)が1万9500円、「RUF2-R2G-S」(2GB)が3万8800円、「RUF2-R4G-S」(4GB)が7万7500円前後の見込み。「RUF2-R512-S」(512MB)は、発売時期が遅れるため未定。