イーフロンティア(安藤健一社長)は、3Dキャラクタデザインツール「Poser」の新バージョンとして、「Poser 6 キャンペーン版(for Windows)」と「同 (for Macintosh)」を3月25日に発売する。価格は1万9800円で、04年11月に限定発売した「Poser 5キャンペーン版」の価格を据え置き、お買い得感を高めた。

 「Poser」は、簡単な操作で、人体の動きや表情を設定できる3Dキャラクタデザイン&アニメーション作成ツール。あらかじめ用意された多彩な人物、動物のモデルから3Dキャラクタを制作することができ、それらをWeb、印刷、ビデオ作品などに最適化した静止画やムービーとして書き出せる。

 同ソフトは、学術・アートから業務まで幅広く活用されており、また、同ツールで作成したフィギュアやアクセサリをネットで取引するような熱心なホビーユーザーも多い。

 最新版では、新たに「OpenGLハードウェアアクセラレーション」、「プロダクションレンダリング」、ポリゴン間の折り目を滑らかに表現する「スムーズシェーディング」などを追加。さらに、より精細なフィギアも搭載し、これまで以上に写実的な人物表現を可能にした。

 なお、3月1日以降に前バージョン「Poser 5」を購入したユーザーには、「Poser 6アップグレードキット」を無償で提供する。また、「Poser 4」「Poser 5」の登録ユーザーを対象とした、アップグレードサービスも実施する。