キングジムは、QRコードと「テプラ」を活用し、文書ファイルを簡単に管理できる管理支援システム「重要文書一元管理(DS10QS)」を4月25日に発売する。価格はオープン。

 「重要文書一元管理」は、効率的なファイリングを実現するうえで重要なポイントとなる「ファイルの貸出し・返却状況」や「ファイルの保管場所」を、QRコードリーダーを接続したパソコンと、「テプラ」によって印刷したQRコードで認識・管理するシステム。対応OSはWindows2000/XPで、ソフトウェアCD-ROMに、PCラベルプリンタ「テプラ PRO SR3900P」1台、非接触マルチコードリーダー「TL-30UB」1台などを同梱する。

 具体的な操作方法としては、まずパソコンでリストデータを作成し、そのファイルのタイトルと管理用QRコードを組み合わせた背見出しを「テプラ」で印刷。それを各ファイルに貼り、パソコンに接続したQRコードリーダーで読み取ることで、ファイル単位で閲覧や貸し出しをチェックしていく。この仕組みのため、必要な資料の検索もすばやく行え、また、各ファイルの貸し出し履歴や文書の保存段階での使用頻度なども把握できるため、ファイルの廃棄や配置変えなどを判断する場合にも役立てることができる。

 同社は、オフィス向けパイプ式ファイルのトップメーカーとして「キングファイル」などを販売し、同時にオープンファイリングシステムによる情報共有の提案を始めとしたファイリングコンサルタント業務も行ってきた。今回の新システムは、その経験を生かして開発したもので、「キングファイル」をさらに便利にし、簡単に効率的な管理が行えるシステムとして、積極的に拡販を図っていく。