■マイクロソフト「Microsoft Wireless
                 Notebook Optical Mouse Mica Black」

      ■アップル「M9035G/A」
      ■ロアス「MUS-LUBT1-SL」

 2月2週(2月14日?2月20日)、マウス製品別ランキングで、マイクロソフトの「Microsoft Wireless Notebook Optical Mouse Mica Black」が接戦を制してトップに立った。これまで、3位のロアス「MUS-LUBT1-SL」がトップをキープしていたが、ここに来て失速。2位のアップル純正品も好調で、ランキングは一気に混戦模様となった。

 マイクロソフト「Microsoft Wireless Notebook Optical Mouse Mica Black」は、光学式センサーを搭載したノートパソコン向け3ボタンワイヤレス マウス。付属の着脱式レシーバーをパソコンに接続するだけで、すぐに使用することができる。作業終了後は、レシーバーをマウス底面に収納することでマウス本体の電源が切れるため、使用していない時の電池消耗を防止できる。

 また、デジタル無線方式によって、レシーバーの受信範囲 (約1m) ならば、レシーバーが見えない場所からでも操作可能。省電力テクノロジを採用し、アルカリ単3乾電池1本で約3か月の電池寿命を実現している。本体は、エルゴノミクス(人間工学)デザインを採用しており、左右どちらの手にもフィットし、小型ながら疲れにくいデザインとなっている。

 前週(2月7?14日)までトップを走っていたロアスの「MUS-LUBT1-SL」は、ボール式のUSB接続3ボタンホイールマウス。光学式が主流となっている現在のマウス市場のなかで、平均単価900円前後という圧倒的なコストパフォーマンスを武器に、好調な販売を続けていた(→ランキング参照)。一方、変わってトップに立ったマイクロソフト「Microsoft Wireless Notebook Optical Mouse Mica Black」は、04年10月に発売された最新型のワイヤレスマウス。まさに、新旧マウスの交代劇となった。

 2位につけているアップル「M9035G/A」は、USB接続光学式1ボタンマウスで、アップル製のデスクトップコンピュータ全モデル(Mac mini除く)に標準で付属している純正品。1月5日付で価格改定が行われ、アップルストア価格が6930円から3570円に下がったのにともない、シェアも急上昇。トップに迫る勢いで、ランキングの混戦に拍車をかけている。

◆マイクロソフト「Microsoft Wireless Notebook Optical Mouse Mica Black」の主な特徴

●携帯性に優れた光学式3ボタンワイヤレスマウス
●本体に収納できる着脱式レシーバー
●省電力テクノロジ採用
●光学式センサーを搭載し、正確な動作を実現
●ソフトウェアのインストールが不要
●操作しやすいスクロール ホイール
●エルゴノミクス (人間工学) デザインを採用
●Macintoshにも対応
●3年間の製品保証付き